エコロジーなブレーカー|お得に美味しい水を飲みたいなら浄水器を取り入れよう

お得に美味しい水を飲みたいなら浄水器を取り入れよう

ウーマン

エコロジーなブレーカー

作業員

ブレーカーの仕組み

ブレーカーは配線用遮断器と訳されるものです。単純に言えば電気のスイッチのようなもので、スイッチをオンオフすることで電流を流したり止めたりすることができます。通常の電気スイッチと違うところは、その役割にあります。ブレーカーでは、規定量以上の電力が流れた場合や、漏電などが発生した場合に自動的に電力の供給を遮断する役目を果たしています。これによって電気による事故を防ぐことが目的で設置されます。このようなブレーカーは遮断される電気の量で価格が決まってきますが、安全ブレーカーであれば千円以下で手に入るものもありますし、高くても家庭用のものであれば5千円以下の価格で売られています。一方でブレーカーは規定量以上の電力が流れないようにする機能があるため電力会社と需要家との間に設置されるものがあります。こちらは契約以上の電力が流れないようにするのが目的でアンペアブレーカーと一般のブレーカーとは区別されます。

電子制御するメリット

アンペアブレーカーを含めてブレーカーの多くは熱を感知して遮断する仕組みとなっています。このため規定量の電力を流さないメリットのほか屋内配線を保護して過電流や漏電による出火を防いでくれます。一方で熱を利用した仕組みなので一度落ちると復旧まで時間が掛かりますし、使用量と規定量がギリギリの場合には落ちやすくなるため余裕をもった契約をする必要があります。これが電気料金が高くなる理由です。このネックを解消したのが制御方法を熱ではなく電子的に行う電子ブレーカーです。電子ブレーカーでは、電流量を感知してデジタル数値によって遮断します。このため電子ブレーカーでは従来のブレーカーと比べて使用量に対して規定量をギリギリまで下げることができます。電子ブレーカーの価格は通常のブレーカーよりも高めですが、電力会社が普及を促進しているわけではないので電子ブレーカーを販売している業者を利用する必要があります。電子ブレーカー本体の価格は数千円程度から数万円程度ですが契約はリース方式が多いため注意が必要です。