電気料金を安くするために|お得に美味しい水を飲みたいなら浄水器を取り入れよう

お得に美味しい水を飲みたいなら浄水器を取り入れよう

ウーマン

電気料金を安くするために

ブレーカー

専用の機器を取り付ける

電気料金は一般家庭から商業施設まで様々な場で電力が使用されるため、少しでも減らせる努力ができれば出費も減って楽になることは間違いありません。現在では電子ブレーカーまたはデジタルブレーカーと呼ばれるものが流行していて、これを取り付けることで低圧電力の基本料金が安くなると言われています。従来のブレーカーはバイメタル式と呼ばれるもので、膨張率の異なる金属を使用した熱による遮断式となっています。対する電子ブレーカーは電流値と電流動作時間によって遮断するタイミングが異なり、細かな動作によって電力が流れるのを防ぐことに成功しているのです。電子ブレーカーの交換費用は高額ですが、基本料金が大幅に下げられるというメリットのために変えているところも少なくないようです。

具体的にどれだけ安くなる

通常のバイメタル式では一定の数値を超えたら遮断されますが、電子ブレーカーは一定の数値ギリギリまで効率良く使用される装置のため、余剰の電力が流れない仕組みです。基本料金は契約容量と基本料金単価、力率割引によって算出されますが、電子ブレーカーは電気容量に過剰な余裕を持たせる必要がないため、契約容量を極端に減らすことが可能となります。具体的にはバイメタル式では25Kwの容量が必要だったのに対し、電子ブレーカーはおよそ半分の12Kwでも十分対処できるようになって、大幅な電気代の削減が可能となります。具体的な数値は使用する施設や設備によって異なりますが、最大でも50%は電気代をカットできるので工場や商店で低圧電力を契約している人は検討してみると良いでしょう。